デイケア・介護業界の職種は色々

介護の仕事といっても非常に職種は様々で、尚且つ施設によってもデイケア、デイサービスとそこで担う役目も異なります。

介護施設といってもデイケアは「リハビリを重視」しますが「デイサービスは施設の規模により行事を重視」する施設もあり小さな施設では「利用者一人ひとりに接する事を重視」する場となります。

更に、職種自体も介護に携わる職種は色々とあり、例えば介護施設には欠かせない直接利用者への介護を行う介護士もおります。

又、あらゆる介護施設の運営や管理を行い、事務等の手続き業務を行う方もおり、相談や介護を受ける方にとっての最適なプランを提案する相談業務を行う方もおり、この相談業務を行う職業の方は、介護する立場となるヘルパーさんを効率的に運用し、調整する役目も担うケアマネジャーとなります。

一言で介護といえどもその仕事に携わる、いわば介護の専門家は色々で介護員だけが存在し、そこで利用者のお世話をしているわけでなく、ケアマネジャーはじめ色々な職業の専門家がタックを組んで、利用者が過ごしやすい環境を整え、デイケアであれば理学療法士や看護師、介護士が利用者への配慮と共に職員同士の人間関係も図りながら連携し業務を行う必要があります。

このように介護に関わり携わる業務というものは非常に多岐にわたり、それぞれの職場に必要な資格というのも当然異なり、その「施設内すべての人が資格を持つのか?」という部分も又、実際何の資格も持たずに就職する事も出来るようになっています。

例えば高齢者のお世話をする事になるデイサービス等では、早朝勤務のアルバイト業務という求人もあり、こうした仕事をするにあたっては何の資格を持たなくてもお年寄りのお世話をする事も出来ますし、事実そうしたバイトを雇い施設の人員不足を賄うところもあるようです。

転職関連リンク 保健師転職サイト